電子書籍化

電子書籍化とカテゴリー

電子書籍化がうまくいくと次は販売について考えていくことになります。
会社規模で行う場合は全面的にネット広告と打つなど既存のウェブサイトをフルに活用した販売展開ができます。
しかし個人の場合では途端にハードルが高くなるのです。
アップルストアで販売を行っても、単純なカテゴリーに登録しては数多くの他のコンテンツの中で埋もれてしまいます。
ですから、「どうしてこれがこのカテゴリに?」と思うようなカテゴリにセットしてみるのはどうでしょうか。
もちろんその理由付けもしっかりしていなければいけません。
電子書籍化代行なら激安のDBProにて行いましょう。
よく見てみると「なるほど」と思わせることがうれしいですね。
電子書籍化についてはこちらのサイトで詳しく解説しています。
販売についても詳しいノウハウが載っていますので是非参考にしてください。

iPadのバッテリーのもちが悪くなってきたら・・・
即日修理のキャッスルへ!!

【期間限定】無料相談イベント開催中!!
復縁・恋愛相談は【赤い糸恋愛研究所】

弁護士法人 法律事務所オーセンス
B型肝炎給付金請求にかかわる全ての手続きをお引き受けいたします。

サンプルイメージ1

電子書籍化とカテゴリーを決める

電子書籍化を終えて、アップルストアなどの販売チャネルなどに出品する場合、書籍ですから「ブック」のカテ

サンプルイメージ2

電子書籍化とランキング入り

電子書籍化を終えて、アップルストアなどの販売チャネルなどに出品する場合、書籍ですから「ブック」のカテ

電子書籍化と売るということ

手間暇をかけて電子書籍化を行うと、電子書籍の出来によっては販売を考えるのは当然のことと思います。

電子書籍化と販売のあの手この手

電子書籍化に成功すると次のステップは販売です。
「そんなに売れるのかどうか」ということはやって

Copyright© 電子書籍化 All Rights Reserved.